社内技報

HOME社内技報 ≫ 2019年度技報

2019年度技報

オーステナイト系ステンレス鋼配管の外面きずの定量評価手法の検討

北九州支社 計測部 計測一課  緋田 貴夫
松﨑 立志


 工場内のオーステナイト系ステンレス鋼配管は使用環境によって、配管の外表面に応力腐食割れおよび腐食減肉が発生し、漏洩に至る事例が報告されている。配管外表面の検査手法として渦電流探傷検査を適用し、高速かつ広範囲にこれらの減肉および割れが検出可能な手法を開発した。その結果、スクリーニング検査として十分な性能を有していることを確認した。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫