社内技報

HOME社内技報 ≫ 2018年度技報

2018年度技報

配管長手方向連続厚さ測定システム「アクシススキャン」の開発

北九州支社 計測部 計測三課  村上 勝彦
永津 芳紘
メカトロニクス部  中川 峰寛
メカトロニクス部 技術開発課  冨髙 健幸


 配管を対象としたスクリーニング検査の需要の高まりを受け、配管の減肉状況のスクリーニングを目的とした「アクシススキャン」を開発した。実機プラントでの試験運用を行い、「アクシススキャン」と精密測定用の「ワイドスキャン」を併用することによって、非常に長い配管の腐食減肉調査を効率良く、また高精度に実施できることを確認した。

≪ 前へ |目次へ戻る|