社内技報

HOME社内技報 ≫ 2017年度技報

2017年度技報

高分解能プローブのドロップレットエロージョンへの適用

北九州支社 計測部 計測一課  切封   浩
                       髙橋 裕矢


 ドロップレットエロージョンはあばた状の減肉であり、個々の開口サイズが非常に小さいため、一般的に渦電流探傷検査で使用しているプローブでは密集した減肉による信号を分離できない。そこで、開口サイズの小さい減肉を検出可能な高分解能プローブを開発した。対比試験片および実機漏洩箇所に対して高分解能プローブを適用し、その有効性を確認した。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫