社内技報

HOME社内技報 ≫ 2017年度技報

2017年度技報

タンク底部の超音波連続板厚測定装置 B-Map

北九州支社 計測部 計測三課  長濵   宏
営業本部 東京営業部 営業課  野村 和史


 超音波連続板厚測定装置B-Mapを用いたタンク底部の保安検査サービス事業を旭化成エンジニアリング株式会社殿から移管され、当社単独で実施することになった。これに伴い、新たに「危険物関連設備等の性能評価」を申請し、B-Mapは『危評第0085号』として認定された。これまでも多くの検査実績を積み上げているが、さらなる業務拡大に向け運用規定の整備を行い、今まで以上に作業効率や品質の向上に努めていく。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫