社内技報

HOME社内技報 ≫ 2016年度技報

2016年度技報

水蒸気酸化スケール厚さ測定の下限値について

メカトロニクス部 営業企画課  松山 寿継
技術本部 技術管理部 技術管理課  浅野 裕一


 従来、ボイラー管内面の水蒸気酸化スケール(以下、酸化スケールとする)の厚さ測定は80μmを測定下限としてきた。しかしながら、酸洗処理後の酸化スケール付着状況や酸化スケール生成初期段階からの生成状況の把握のため、非常に薄いスケールから測定を行いたいとの要望があり、現状の測定下限値の向上を検討した。その結果、新たな測定手法により測定下限を10μmへ向上させることができた。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫