社内技報

HOME社内技報 ≫ 2016年度技報

2016年度技報

デジタルX線画像システムFCR Dynamlx Systemを用いた肉厚測定精度の検証

関東支社 第一検査部 検査一課  野口 勝


 デジタルX線画像システムではデジタルデータ化した放射線透過像を用いて保温材を取り除くことなく配管肉厚を測定できるが、今回新たに導入したシステムでは新たに配管の内壁・外壁の検出と肉厚測定の自動処理機能が追加されている。形状が異なる3種類の試験体を用いた検証の結果、簡易的な操作で得られた測定値は超音波厚さ計を用いた場合と同等であり、また技術者の力量によらない測定が可能である事が確認できた。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫