社内技報

HOME社内技報 ≫ 2016年度技報

2016年度技報

ボルト穴の高精度探傷技術の開発

北九州支社 計測部 計測一課  馬場 心矢


 各種部材の締結にはねじ部品が多く利用されている。ねじ部品の用途によっては1本の損傷が重大な事故につながる可能性があり、非破壊検査により早期に損傷を検出することが望まれる。本稿では、ボルト穴のめねじ谷底に発生する損傷の検査手法としての渦電流探傷試験の適用を検討した。その結果、めねじ谷底の検査に特化したコイルを開発し実機適用への有効性が確認された。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫