社内技報

HOME社内技報 ≫ 2013年度技報

2013年度技報

エコスキャンの改良による節炭器の最深部測定

生産本部 検査部 検査二課 平井健一


 発電用ボイラーの節炭器管を点検する場合、従来は構造上の問題からパネルを吊り上げて目視、肉厚測定を実施していた。そこで、当社では節炭器の上部面から遠隔で操作できるエコスキャンを開発し、パネルを吊り上げずに肉厚測定を可能としていた。しかし、パネルの配置などから節炭器の最深部を測定することが困難であったため、装置を改良し節炭器の最深部まで測定する事が可能となったので紹介する。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫