社内技報

HOME社内技報 ≫ 2012年度技報

2012年度技報

L-Mapの開発

技術本部 メカトロニクス部 システム設計課 西村裕二
    技術本部 メカトロニクス部 製造課 中川峰寛
  技術本部 メカトロニクス部 技術開発課 冨高健幸
                      大村信幸


 石油化学プラントでは多くのパイプライン設備が存在しており、老朽化による事故が懸念されている。そこで、パイプの腐食状態を定量的に管理することが重要になってくる。直管部においては様々な連続肉厚測定装置が開発・適用されているが、エルボ部については適用が難しく定点測定による肉厚管理が行われている。
今回、エルボ部の連続肉厚測定が可能な装置を開発し、エルボ部の定量評価に非常に有効であることが確認された。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫