社内技報

HOME社内技報 ≫ 2010年度技報

2010年度技報

橋梁Uリブ溶接部の溶込み幅測定方法の検討

         技術本部 技術管理部   吉永 泰久
技術本部 技術管理部 技術管理課   浅野 裕一


鋼製橋梁構造物において、鋼床版へのUリブ取付け溶接部の適正な溶込み幅の管理方法が求められている。従来から利用されている一探触子斜角探傷法による端部エコー法は、探触子の走査及び波形の読み取りに高度な技量が要求される。モックアップ試験体を製作して、いくつかの超音波探傷手法について実験的に検討を行った結果、表面SV波を適用する方法により、比較的簡便で精度の高い溶込み幅の測定が可能であることがわかった。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫