社内技報

HOME社内技報 ≫ 2010年度技報

2010年度技報

水張りUT法による減肉調査手法の開発

技術本部 メカトロニクス部 技術開発課   冨高 健幸
安永 元則
今橋 政幸
羽田 直文
大村 信幸


発電設備の炉底管ボイラチューブにおいて、炉内側にキャスター(耐火物)が施工されている場合、減肉は炉内側に発生する。これまでの肉厚測定は、キャスターを撤去した状態で行われており、撤去作業に対する工程・費用等が問題とされてきた。
今回、ボイラチューブ内に水を充鎮してキャスターが施工されていない側に探触子を配置し、キャスターを撤去せずにキャスター下の減肉調査を実施する方法(水張りUT法)を適用することにより、検出限界以上の減肉部について±0.1mmの誤差範囲で肉厚測定が可能となった。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫