社内技報

HOME社内技報 ≫ 2010年度技報

2010年度技報

屋外配管腐食調査の紹介

長崎支社 検査部 検査課  谷 雄二、青山 勤


火力発電所の多くは運転開始から数十年経過し、多くの老朽箇所を抱えている。屋外配管の腐食もそのひとつである。特に重軽油、化学薬品等の危険物配管においては内容物の漏洩は重大な事故に繋がるため、減肉箇所の早期発見と適切な措置が重要である。
今回、配管設備の維持管理のためのデータ提供という観点から種々の非破壊検査を適用した事例を紹介する。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫