社内技報

HOME社内技報 ≫ 2009年度技報

2009年度技報

X線ラインセンサによる配管検査の基礎検討

技術本部 メカトロニクス部 企画課  松山 久之
技術本部 メカトロニクス部 システム設計課  新家 祥之
技術本部 技術管理部  脇部 康彦
技術本部 技術管理部 技術管理課  浅野 裕一


各種プラントの保守検査において、コスト削減のため保温材上からの検査手法に注目が集まっている。X線ラインセンサは高速で放射線透過画像が得られることから、保温材上からの減肉傾向の探査に有効である。今回、X線ラインセンサ配管検査システムの開発を行うにあたり、その第1段階として、腐食・減肉部の定量化を行う解析ソフトについて検討した。その結果、減肉傾向の把握及び減肉部の定量化が可能であることが分かった。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫