社内技報

HOME社内技報 ≫ 2008年度技報

2008年度技報

UT/ET 一体型センサの開発

技術本部 メカトロニクス部 製造課  和田秀樹、永田宗誠
技術本部 メカトロニクス部 技術開発課  中村和広、山根一豊


塗装された配管の厚さ測定において塗膜上から測定を行う場合、超音波センサによる全厚の測定値から渦流センサによる塗膜厚さの測定値を差し引いて管の肉厚を求めている。しかし、2種類のセンサを使用するためセンサホルダが大きくなり、配管径、配管敷設状況などによっては測定が困難な場合が生じ、また配管表面の突起物などにより測定誤差が生じやすいという問題があった。
 今回、UTセンサとETセンサを一体化することにより、センサ位置のずれによる測定誤差の低減、さらに測定の簡略化ができた。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫