社内技報

HOME社内技報 ≫ 2008年度技報

2008年度技報

AUT検査における作業改善

関東支社 検査部 検査課  熊谷安紘、小玉照晃


現在、関東支社では橋梁製作工事を中心に、超音波自動探傷装置U-Masterを多数稼動させている。この超音波自動探傷検査においては過酷な作業環境、高探傷感度の厳しい検査条件、高度な客先ニーズなどによりいくつかの問題を抱えたが、現場独自の工夫で改善を進め、ノウハウを蓄積している。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫