社内技報

HOME社内技報 ≫ 2007年度技報

2007年度技報

楕円チューブ肉厚測定技術

関東支社 計測課  海老原卓博、笹谷毅志


熱交換器細管のうち楕円チューブについては、従来は保守検査が困難とされてきた。今回、楕円チューブ用の内挿型プローブの製作を行った。これにより楕円チューブの肉厚測定が可能となり、保守検査に有効な手段であることが確認できた。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫