社内技報

HOME社内技報 ≫ 2007年度技報

2007年度技報

マルチ自走式配管検査ロボットシステムの開発

技術本部 メカトロニクス部 製造課  和田秀樹、百合本淳


北九州地域の企業や大学、公設研究機関をメンバーとして平成17~18年度の2年間にわたって(財)北九州産業学術推進機構から助成を受け、配管内を自走し検査を行うマルチ自走式配管内検査ロボットシステムの技術開発を行ってきた。現在、各技術要素の開発を行い、移動システムはエルボマスターとして実用可能な装置として完成している。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫