社内技報

HOME社内技報 ≫ 2006年度技報

2006年度技報

超音波自動探傷装置「U-Master」の現状

生産本部 原子力サービス部 技術課 吉田大輔
原隆之
技術本部 技術管理部 技術管理課 吉永泰久
技術本部 メカトロニクス部 システム設計課 西村裕二
技術本部 メカトロニクス部 製造課 中川峰寛


 超音波自動探傷装置「U-Master」は、2006年度に2回の性能確認試験に合格し、受注拡大につながっている。また、独立行政法人土木研究所主催の鋼製橋脚隅角部調査における回送試験に参加し、鋼橋隅角部の調査方法確立に貢献している。
 「U-Master」は、平板に限らず、曲率の付いたパイプ溶接部等についても適用可能となり、多くの橋梁現場で採用されている。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫