社内技報

HOME社内技報 ≫ 2006年度技報

2006年度技報

鋼溶接部における超音波探傷手法の比較

技術本部 技術管理部 技術管理課 吉永泰久
技術本部 メカトロニクス部 技術開発課 辻伸一
技術本部 中山安正


 現在、超音波探傷試験においては新しい手法の実機への適用が進められている。原子力発電プラントにおけるフェイズドアレイ法、鋼橋溶接部における自動超音波探傷法、火力発電プラントにおけるTOFD法などである。これらの装置はメーカーの開発思想の違いもあり、取扱いに習熟が要求されるのが現状である。
 ここでは、上記の手法と従来型の手法を同一の鋼溶接部に対して適用し、得られたきず画像などのデータについて比較検討を行った。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫