社内技報

HOME社内技報 ≫ 2006年度技報

2006年度技報

圧延ロール超音波探傷システム

技術本部 メカトロニクス部 技術開発課 辻伸一
安永元則


 近年、圧延ロールは高硬度化が進み、割れに対する対策が重要になっている。当社では圧延ロール探傷システムを製作してきた。現在は多チャンネルの表面波及びクリーピング波を組み合わせて探傷を行い、圧延ロールに発生するきずの検出、ひいては製造される鋼板の品質管理に貢献している。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫