社内技報

HOME社内技報 ≫ 2006年度技報

2006年度技報

電磁超音波センサを用いたガイドウェーブ探傷システムについて

技術本部 技術管理部 技術管理課 今川幸久
技術本部 メカトロニクス部 製造課 和田秀樹
技術本部 技術管理部 脇部康彦


 火力発電設備等では、減肉による損傷を未然に防止するため配管の状況を定量的に把握する必要がある。現在、配管の厚さは超音波厚さ計により、スポット的に測定されているが、配管の減肉部を特定して定量的に測定することは困難である。そこで本研究ではガイドウェーブを活用し、ボイラチューブ等の全面を検査できる超音波探傷システムを開発し、減肉部測定のための基本特性の検討を行った。
 検討の結果、本システムではセンサから2.5m位置にある腐食を考慮した人工きずが検出可能であることが判明した。人工きずが円周方向に広がりをもつ場合、複数のチャンネルにより検出されることから、センサからの距離だけではなく、円周方向概略位置の推定が可能となる。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫