社内技報

HOME社内技報 ≫ 2006年度技報

2006年度技報

熱交伝熱管拡管確認検査装置 測位システムについて

技術本部 メカトロニクス部 企画課 松山久之
技術本部 メカトロニクス部 技術開発課 辻伸一
安永元則
今橋政幸
技術本部 メカトロニクス部 システム設計課 井上淳二
吉田加奈子


 熱交換器伝熱管の拡管確認検査を行う際、細管が多数密集しているので検査漏れが生じやすい。この検査漏れを無くす為に管の特定が可能な「測位システム」を開発した。測位には空気伝搬超音波を利用しており、非常に優れた測位精度とコンパクト性を実現し、拡管確認検査の品質管理に大きく寄与することができた。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫