社内技報

HOME社内技報 ≫ 2005年度技報

2005年度技報

TOFDの技術紹介と現状

技術本部 メカトロニクス部 技術開発課 辻 伸一


TOFD法による超音波探傷は、きずの検出力、きず高さの測定精度など、パルス反射法より優れており、探傷の組み立て方によっては、探傷時間を大幅に短縮できる。今後、世界的にTOFD法は規格化されることが考えられる。本稿では、TOFD法の原理とともに、発電所、化学プラント等におけるTOFD法の適用状況について紹介する。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫