社内技報

HOME社内技報 ≫ 2005年度技報

2005年度技報

配管連続厚さ測定装置について

生産本部 原子力サービス部 技術課 石松 昇
技術本部 メカトロニクス部 企画課 松山久之
製造課 中川峰寛


機器・構造物に発生する減肉は、部分的あるいは局所的に発生して進行することが多いため、超音波厚さ計によるスポット的な測定では腐食状況を十分に把握することは困難である。面での連続測定を実施することにより、部分的あるいは局所的に進行している腐食の状況を精度よく調査できるシステムを開発し、プラント配管へ適用した例を紹介する。

≪ 前へ |目次へ戻る| 次へ ≫