業務案内

保有技術紹介

HOME業務案内保有技術紹介検査技術 ≫ X線によるコンクリート内部検査技術

X線によるコンクリート内部検査技術

概要

X線によるコンクリート内部検査技術

コンクリート構造物の改築工事において配筋状態や埋設配管の把握、コンクリート構造物に対する耐久診断の必要性から非破壊検査の適用が注目され、放射線透過撮影法もその中の一手法として用いられています。


特長

  1. コンクリート壁などにX線を照射し、最大300mmの深さまでフィルム撮影が可能。
  2. コンクリート内部の様子を直接視覚的に確認することができ、コンクリートに埋設されている  鉄筋、配管、空洞を対象とし版厚の測定にも適用可能。
  3. 設備工事に関する開口部を設ける際の埋設管切断防止のため、埋設配管の位置確認の測定に利用。
  4. 材質不問。
  5. 電話回線や電子精密機器に影響を与えない。

調査状況図

X線によるコンクリート内部検査技術