業務案内

保有技術紹介

ヘリウムリークテスト

概要

ヘリウムリークテスト

ヘリウムリークテストは、高度な気密性が要求される容器および配管の検査を行う方法として、微細な漏れを短時間で検出することができます。

試験方法としてJIS Z 2331により種々の方法が規定されています。

弊社では、様々なニーズに対応して検査を実施します。


①真空吹付け法(スプレー法)、②真空外覆法(真空フード法)、③真空積分法、

④吸込み法(スニッファー法)、⑤加圧積分法、⑥吸盤法(サクションカップ法)、

⑦真空容器法(ベルジャー法)、⑧浸せき法(ボンビング法)

特長

  1. 微細なリークの検出が可能。
  2. 標準空気中にHe含有率が約5ppmと非常に少なく、バックグラウンドの影響を受けにくい。
  3. 吸着が少なくディテクタ-内のHeの汚染が少ない。
  4. 人体に対して無害で、不活性ガスのため爆発引火等の危険が少ない。