業務案内

保有技術紹介

HOME業務案内保有技術紹介検査技術 ≫ 拡管部応力腐食割れ検査技術

拡管部応力腐食割れ検査技術

概要

拡管部応力腐食割れ検査技術

発電所の水素ガスクーラ、主タービンオイルクーラ等細管の拡管部において、応力腐食割れ(以下、SCC)による漏洩が確認されています。このSCCは通常の内挿コイルによる渦流探傷検査では検出が困難でした。

そこで、拡管部SCCの検出を目的とし、拡管部応力腐食割れ検査専用コイルを開発、これまでに国内外における多種多様な現場で多くの実績をあげています。


検査仕様

項目 仕様
適用可能な細管 非磁性体、管内径Φ7.0mm以上
検出対象きず 拡管部近傍の円周・軸方向SCC
走査範囲 拡管部を基準とし±10mmの範囲
処理能力 250本/日(2名1組)
評価方法 対比試験片の信号を用いた振幅解析法

装置外観


微粉炭等輸送配管内面検査システム

対比試験片出力波形例

拡管部応力腐食割れ検査技術

出力例

拡管部応力腐食割れ検査技術


SCC拡大写真(10倍)SCC検出信号
拡管部応力腐食割れ検査技術SCC拡大写真(10倍) 拡管部応力腐食割れ検査技術SCC検出信号