業務案内

保有技術紹介

検査技術一覧

新日本非破壊検査株式会社が保有する検査技術をご紹介します。

イメージスコープ・小型TVカメラ観察システム

イメージスコープ・小型TVカメラ観察システム

各種機械やプラント設備をTVモニター画面で観察することにより、外部から見えない内部検査を行います。

詳しく見る

拡管部応力腐食割れ検査技術

拡管部応力腐食割れ検査技術「EDDYCOM-EX」

内挿コイルによる渦流探傷検査では検出が困難な火力発電所の水素ガスクーラー、主タービンオイルクーラー等の細管の拡管部に発生する応力腐食割れ(SCC)を検出するシステムです。

詳しく見る

SUSボイラ管内部スケール体積測定技術(SUSスケールディテクター)

SUSボイラ管内部スケール体積測定技術(SUSスケールディテクター)

発電用ボイラーの過熱器管・再熱器管に使用されているステンレス鋼管の内面に生成される酸化スケールの閉塞状況を調査します。ガンマ線・エックス線を使用せず、電磁誘導法により、高速かつ安全に測定することができます。

詳しく見る

内面スケール厚さ測定技術

内面スケール厚さ測定技術

超音波を用いてボイラー外面から、内面に生成しているスケールの厚さ(0.1mm以上)を測定します。

三菱重工業(株)横浜製作所殿との共同開発品

詳しく見る

ヘリウムリークテスト

ヘリウムリークテスト

高度な機密性が要求される容器および配管の検査を行う方法として、微細な漏れを短時間で検出 することができるヘリウムリークテストが注目を集めています。

詳しく見る

アンモニアリークテスト

試験体から漏れ出た微量のアンモニアによって漏れ箇所を検出する手法です。LNGメンブレンタンクで発生する貫通きずの検出には、検出力が高いアンモニアリークテストが有効です。

詳しく見る

TOFD法による探傷技術

二探触子法できずから発生する回折波の伝播時間差によりきずを検出する方法です。

受信された探傷波形を積算画面から、きず位置、深さ及び高さなどを求めることが出来ます。

従来のパルス反射法に比べ、きずの検出力、きず高さの測定精度が優れています。

詳しく見る

フェイズドアレイによる探傷技術

複数にカットされた各振動子に負荷する励磁電圧を電気的に制御することにより、1つの探触子で垂直探傷、斜角探傷またはフォーカス探傷など複数の探傷が可能です。

きずの検出力、サイジング精度、検査時間の短縮など従来の超音波探傷方法に比べて優れています。

詳しく見る

レーダー波によるコンクリート内部診断技術(RCレーダ)

レーダー波によるコンクリート内部診断技術(RCレーダ)

電磁波レーダーをコンクリートの表面から内部に向けて入射し、鉄筋等からの反射信号をキャッチして画像表示することによりコンクリート内部の診断を行います。

詳しく見る

X線によるコンクリート内部診断技術

X線によるコンクリート内部診断技術

コンクリート構造物の改築工事において配筋状態や埋設配管の把握、コンクリート構造物に対する耐久診断の必要性から非破壊検査の適用が注目され、放射線透過撮影法もその中の一手法として用いられています。

詳しく見る

コンクリート劣化診断技術(圧縮強度・中性化調査等)

コンクリート劣化診断技術

コンクリート構造物の劣化状況や劣化原因を把握し、健全性を評価するための種々の調査を行うことができます。

詳しく見る

サーモグラフィによる設備診断調査

サーモグラフィによる設備診断技術

物体の表面から自然放射されている赤外線エネルギーを光学的な操作によって被測定物の温度分布をモニタ上に表示し、異常状態の診断を行います。

これまで行われてきた非破壊検査と併用することにより総合的な設備管理を行うことができます。

詳しく見る

コンピュータラジオグラフィ検査技術

コンピュータラジオグラフィ測定技術

通常の放射線透過検査において、試験体の肉厚が厚い場合や肉厚差が大きい場合などX線フィルム上でコントラストを得ることが困難な時があります。

CRシステムを適用した放射線透過検査では、イメージプレートにメモリされた透過像を読み取り装置でデジタル化し検査目的にあった見やすい画像を提供することができます。

詳しく見る