業務案内

保有技術紹介

HOME業務案内保有技術紹介検査装置 ≫ WANTED(管内検査システム)

WANTED(管内検査システム)

概要

配管内部の目視検査では、CCDカメラを用いて内部の状況や異物の確認を行っています。しかしながら、管径が大きい場合に、管内全周を一度に検査するためには、観察用カメラを大きくする必要があり、検査範囲の制約がありました。

配管内検査システムWANTEDは、管径が80mm以上のものに対して配管内面を自走し、内部の状況や異物の確認が可能です。さらに、カメラ機構に備えた回収機構により、異物や落下物の回収が可能です。

特長

  1. エンコーダを搭載しているため、軸方向移動距離の管理が可能。
  2. Φ80~250mmの配管の検査に適用可能。
  3. カメラ機構に備えた回収機構により、異物や落下物の回収が可能。
  4. 照明装置と超小型CCDカメラを搭載し、上下・左右の首振り操作ができます。

検査仕様

項目仕様
検査対象物 各種配管
適用配管径 Φ80~Φ250mm
検査方式 目視試験

装置外観

管内検査システム「WANTED」
管内検査システム「WANTED」