業務案内

保有技術紹介

HOME業務案内保有技術紹介検査対象別溶接部検査 ≫ フェイズドアレイによる探傷技術

フェイズドアレイによる探傷技術

概要

フェイズドアレイ探傷は、複数にカットされた振動子それぞれに励磁電圧をかけることにより、1つの探触子で垂直探傷、斜角探傷またはフォーカス探傷など複数の探傷が可能です。

フェイズドアレイ探傷はきずの検出力、サイジング精度、検査時間の短縮など従来の超音波探傷方法に比べて優れていると言われており、現在ステンレス配管に発生するSCC割れ高さ測定のPD(Paformance Demonstration)認証制度において、必要不可欠なものとなっています。

特長

  • 1つの探触子で複数の探傷法が可能。
フェイズドアレイによる探傷技術
  • ほとんど探触子を走査できない検査箇所でも、1つの探触子で走査せずにきずを検出。
フェイズドアレイによる探傷技術
  • 種々の条件で探傷した結果を結合することにより、きず形状の画像化が可能。
フェイズドアレイによる探傷技術
  • 幅の広いフェイズドアレイ探触子を使用することにより、通常の探触子方形走査に比べて高速での探傷が可能。
フェイズドアレイによる探傷技術