業務案内

保有技術紹介

HOME業務案内保有技術紹介検査対象別配管検査 ≫ エルボマスター(管内検査システム)

エルボマスター(管内検査システム)

概要

エルボマスター(管内検査システム)

エルボマスターは配管内の割れ・腐食・減肉などの配管内面の状態を検査するロボットで、配管の材質や形状によらず配管内を自由に走行することができます。また、カメラの画像で配管内を観察することができます。


特長

  1. 内径Φ350~Φ600mmの連続的変化に対応。
  2. エルボ部における走行および回転も可能。
  3. 90°可動のステアリング機構による、その場回転、ら旋走行で障害物を回避しながら走行可能。
  4. くの字形の突っ張り機構を採用したゴム製車輪で、鋼管だけでなくステンレス鋼管、樹脂管にも対応。
  5. CCDカメラによる、管内面検査。
  6. 画像処理により、きずおよび腐食を定量的に評価(開発中)。

検査仕様

項目仕様
検査対象物 各種配管
適用配管径 Φ350~Φ600mm
検査方式 目視試験

特許

[特許出願中]

本装置は、(財)北九州産業技術推進機構の「新産業創出プロジェクト」の成果をもとに 開発したものです。


[プロジェクトメンバー]

 九州工業大学、早稲田大学大学院、福岡工業技術センター機械電子研究所、
 (株)九州エレクトロニクスシステム、(株)フジコー、新日本非破壊検査(株)