業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務 ≫ 目視検査

目視検査

超音波厚さ測定

検査員の目で確認し、検査する業務です。外観検査をはじめ、CCDカメラ・ファイバースコープ等を利用して直接確認できない部分をモニター観察してビデオ録画、写真撮影して検査します。

近年は、超小型のCCDカメラを自走ロボットに装着し、検査員やファイバースコープ等の観察が難かしい部分への適用も可能となってきています。

イメージスコープ・小型TVカメラ観察システム

イメージスコープ・小型TVカメラ観察システム

各種機械やプラント設備をTVモニター画面で観察することにより、外部から見えない内部検査を行います。

詳しく見る

WANTED(管内検査システム)

WANTED(管内検査システム)

配管の腐食、摩耗、詰りなどの配管内面の状態を検査するロボットです。管径が80mm~250mmの管内をCCDカメラを搭載した自走台車にて観察します。

詳しく見る

エルボマスター(管内検査システム)

管内検査システム「エルボマスター」

配管内の腐食・摩耗・詰りなどの配管内面の状態を検査するロボットです。配管の材質や形状によらず配管内を自由に走行することができ、小型・軽量でカメラの画像で配管内を観察することができます。

詳しく見る