業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務超音波探傷検査 ≫ BS-スキャン(小口径管溶接部超音波検査システム)

BS-スキャン(小口径管溶接部超音波検査システム)

概要

微粉炭等輸送配管内面検査システム”

BS-スキャンは、小口径管溶接部(ソケット溶接・突合せ溶接)の自動超音波探傷装置です。

当社開発による特殊探触子と回転機構及び前後移動機構(前後移動機構はソケット溶接部用装置のみ)を備えた駆動装置により、超音波探傷検査が容易に行えるようになりました。

また、検査結果は自動記録され、検出したきずの定量化も可能となりました。


特長

  1. 検査スピードが速く、検査結果をリアルタイムに表示。
  2. きずの検出、きずの定量化が可能。
  3. セッティングが容易で作業性が良好。
  4. 探傷結果のデータベース化により、品質管理が容易。

検査仕様

項目仕様
検査対象物 鉄鋼配管ソケット、突合せ溶接部
(炭素鋼、ステンレス鋼)
適用配管径 3/8B~2B(ソケット溶接部)
2B以下(突合せ溶接部)
適用肉厚 5mm~15mm(ソケット溶接部)
4mm~8mm(突合せ溶接部)
配管隙間 50mm以上(ソケット溶接部)
70mm以上(突合せ溶接部)
検査方式 超音波斜角探傷
対象きず 溶込み不良、疲労割れ(ソケット溶接部)
溶込み不良、融合不良(突合せ溶接部)

※ 本装置は、(株)東芝殿、東芝プラントシステム(株)殿との共同特許開発品です。

BS-スキャン(小口径管溶接部超音波検査システム)

探傷画面

BS-スキャン(小口径管溶接部超音波検査システム)

特許

第3023641号、第3023643号、第3023660号、第3176495号