業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務放射線透過検査 ≫ コンピュータラジオグラフィ検査技術

コンピュータラジオグラフィ検査技術

概要

放射線透過検査は試験体を透過する放射線の強度分布をX線フィルムで撮影し、試験体の内部状況を調査する方法です。しかし、放射線透過検査では試験体の肉厚が厚くわずかな透過線量しか得ることができない場合や、肉厚差が大きい場合など、X線フィルム上でコントラストを得ることが困難な場合があります。

FCRシステムを適用した放射線透過検査では、X線フィルムの代わりにイメージングプレートを用いて試験体を撮影し、得られた画像をデジタル化することでコンピュータによる画像処理を行い、検査目的にあった見やすい画像を提供することが可能です。

特長

  1. 高感度撮影による放射線の照射時間の短縮が可能。
  2. 広い階調による豊富な画像情報。
  3. 広い撮影範囲による撮影ミスの低減。
  4. 画像処理による検査目的にあった見やすい画像の提供が可能。
  5. デジタル化によりデータ活用と高密度画像の保管が可能。

FCRシステム

コンピュータラジオグラフィ検査技術FCR搭載車 コンピュータラジオグラフィ検査技術FCRシステム

出力例

コンピュータラジオグラフィ検査技術出力例 コンピュータラジオグラフィ検査技術出力例