業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務 ≫ 放射線透過検査

放射線透過検査

X線またはγ線と呼ばれる透過能力の大きい放射線を利用して、材料や構造物の内部のきずの検出、内部構造の調査などを行います。

放射線透過検査

X線フィルムを使用し、放射線の透過線量の差を透過写真上の濃度差として、きずを検出する直接撮影法が一般的です。

X線フィルムによるきずの像の永久的記録が得られ、きずの種類及び形状の判別ができるなど、優れた特徴を持っていますが、放射線障害に対する安全管理は十分に行わなければなりません。

コンピュータラジオグラフィ検査技術

コンピュータラジオグラフィ測定技術

通常の放射線透過検査において、試験体の肉厚が厚い場合や肉厚差が大きい場合などX線フィルム上でコントラストを得ることが困難な時があります。

CRシステムを適用した放射線透過検査では、イメージプレートにメモリされた透過像を読み取り装置でデジタル化し検査目的にあった見やすい画像を提供することができます。

詳しく見る