業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務 ≫ 磁粉探傷検査

磁粉探傷検査

磁粉探傷検査

鉄鋼材料などの強磁性体である試験体に磁束を流すと、表面または表層部にあるきずによって磁束が漏洩し、小さな磁極が形成されます。

磁粉を試験面に散布するときず部に吸着されて、実際の幅より拡大された磁粉模様を形成しますので、容易にきずを検出できます。

試験体が強磁性体でないと適用できませんが、試験体の表面近くに存在する割れのようなきずの検出に最も優れた非破壊検査方法です。