業務案内

非破壊検査業務

HOME業務案内非破壊検査業務 ≫ コンクリート検査・埋設検査

コンクリート検査・埋設検査

超音波厚さ測定

コンクリート構造物内の鉄筋・埋設配管の位置、コンクリートの割れ深さ測定や地中の配管位置の確認をX線透過法、超音波法、磁気探査法、レーダー探査法等、各種検査方法により行います。

またコンクリートの強度試験等の破壊試験を含め、健全性の評価、建築物の余寿命推定、改築・改修工事の参考として使用されています。

レーダー波によるコンクリート内部診断技術(RCレーダ)

レーダー波によるコンクリート内部診断技術(RCレーダ)

電磁波レーダーをコンクリートの表面から内部に向けて入射し、鉄筋等からの反射信号をキャッチして画像表示することによりコンクリート内部の診断を行います。

詳しく見る

X線によるコンクリート内部診断技術

X線によるコンクリート内部診断技術

コンクリート構造物の改築工事において配筋状態や埋設配管の把握、コンクリート構造物に対する耐久診断の必要性から非破壊検査の適用が注目され、放射線透過撮影法もその中の一手法として用いられています。

詳しく見る

コンクリート劣化診断技術(圧縮強度・中性化調査等)

コンクリート劣化診断技術

コンクリート構造物の劣化状況や劣化原因を把握し、健全性を評価するための種々の調査を行うことができます。

詳しく見る

サーモグラフィによる設備診断調査

サーモグラフィによる設備診断技術

物体の表面から自然放射されている赤外線エネルギーを光学的な操作によって被測定物の温度分布をモニタ上に表示し、異常状態の診断を行います。

これまで行われてきた非破壊検査と併用することにより総合的な設備管理を行うことができます。

詳しく見る