非破壊検査とは

HOME ≫ 非破壊検査とは

非破壊検査とは

ndtロゴ

このページの内容は、「社団法人 日本非破壊検査工業会」様の
ホームページより転載させていただいております。

非破壊検査とは、モノを壊さず検査する技術のことです。

モノを壊さないで検査する技術。それが非破壊検査。モノを壊さないで検査する技術。それが非破壊検査。

非破壊検査イメージ

「スイカをポンポン!とたたいて、中身のデキ具合を調べる。これも一つの非破壊検査。 鉄道の車両部品をテスト・ハンマーでたたいて割れやねじのゆるみを点検する。これもまた非破壊検査。デモ、今は検出度をよくするため、超音波利用へと発展している。

非破壊検査イメージダッテ、こわれたり、爆発したら、タイヘン!!ダッテ、こわれたり、爆発したら、タイヘン!!

原子力圧力容器・ボイラ・球形タンク・パイプライン・航空機・鉄道車両・自動車・船舶・建築・ロケットetc・・・。そのひとつヒトツが非破壊検査を必要としている。ヒビ割れひとつ見逃せない。検査の方法もますます精密さを必要とされてきたのはトウゼンのコト。検査方法の研究、開発も日々進められてイル。

産業界にデビューして40年とチョット。イマヤ、非破壊検査なくして、地球の平和は語れない。守れない。産業界にデビューして40年とチョット。イマヤ、非破壊検査なくして、地球の平和は語れない。守れない。

非破壊検査イメージ

工業界の急成長とトモに、業界内の競争も激しくなってきた。よい品質のモノをより早く、より安く作る必要にせまられてきた。そのために不良材料の早期発見、不良の生じない加工方法など、メーカー自身が非破壊検査を必要とするようになったノダ。

高温、高速、高負荷と今の構造物は使用条件がきびしくなってイル。内容物も腐食性、引火性、爆発性など危険がいっぱい。事故防止のための安全チェックが重要となってくるのはトーゼン。性能に悪い影響を及ぼすキズがないか、ユーザーサイドも重視している。


・・・・ということで。非破壊検査ナクして安全は語れナイ。ッテわけ。


つまり、この業界、かなりウルトラマン的ビジネスってことかな。

意外かもしれないけど、医学界と非破壊検査業界とはキッテモキレナイかかわりを持っている。

●理由その1
たとえば、球形タンクの誕生をチェック。けが・病気の早期発見・早期治療のチェック。定期検診もおこたりません。カルテだってある。

ダカラ、球形タンクくんにとって非破壊くんはホームドクターってワケダ。


●理由その2
医療診断と共通する方法を用い、検査をしている。

X線撮影(放射線透過試験)X線CT
X線撮影X線CT
体の見えないところが撮影できるX線。非破壊検査としては、すべてのものの投影に適用。脳の断面を細かく撮影、診断できるX線CT。非破壊検査としては、新素材・コンクリート・セラミックス・美術品の鑑定・立木の年輪の検出などに適用。
超音波診断装置光学用ファイバー
超音波診断装置
妊婦の腹部に置くだけで胎児の様子を見ることができる。非破壊検査としては、機械部品や溶接部に適用。胃の検査をする胃カメラ。非破壊検査としては、狭い場所を検査するのに適用。
医学の進歩はめざましい。ダカラ、非破壊業界もピッタリくっついて進歩してゆくと思う。医学の進歩はめざましい。 ダカラ、非破壊業界もピッタリくっついて進歩してゆくと思う。